金額に注目して光脱毛を選んだ

私は長年自己処理でムダ毛を脱毛してきました。当たり前ですが、毛は薄くはなりませんでした。抜けば数日で、カミソリで剃ればその日のうちに生えてくるのできりがありません。処理のために使った脱毛クリームやカミソリなどの消耗品、そして家庭用脱毛器などの費用を考えると、永久脱毛した方が安かったと後悔しました。そして、これからの脱毛処理にかかる金額を思えば、今からでも試した方が良いかと考えました。そこで、エステサロンで受けられ、金額が比較的安い光脱毛を試す事に決めました。実際に光脱毛の効果がどれほどあるのかは不安だったのですが、一度目の施術の後、毛が抜けていくのはなかなか衝撃的です。しかし、すぐに毛が生えてきたのでがっかりしました。3回、施術を繰り返した頃、毛の生える早さが遅いような気がしました。そして、期間をおいて毛が生えそろうのを待ってみたのですが、量は以前の半分程になっていました。光脱毛は一回一回の施術がスピーディに終わり時間も取られないのでそれからも通い続ける事にしました。そして、12回目の施術が終わり、私が受けていた脱毛コースは完了しました。見た目に、毛はありません。しかし、もしかしたら再び生えてくるのでは、という不安を持ちながら3か月をすごしました。実際は、毛が生えてくることはありませんでした。これでもう時間とお金のかかる脱毛処理とも完全にお別れだと思うとすがすがしい気分です。服を着る時も、旅行に行く時も、ムダ毛の事を考える必要がないというのは本当に楽ですね。光脱毛にして良かった。

自然なウィッグの通販サイトはこちらに詳しく書いています。

光脱毛の機械の種類について

脱毛サロンなどで行われている光脱毛は、インテンスパルスライトと言うメラニン色素にのみ反応する性質を持った光を利用して行われます。脱毛処理をしたい部分に光を照射する事で、毛根に熱が加わりそれによって毛根が破壊されて、体毛は再生能力を失い、脱毛する事が出来ます。メラニン色素にのみ熱が加わるので、周囲の皮膚にはダメージを与える事もなく、痛みも殆どありません。広範囲に照射出来るので、施術時間も短いと言うメリットがあります。脱毛サロンで、光脱毛に使用されている機械には、いくつかの種類がありますので、その機械の種類について紹介します。ルネッサンスGTは、日本人の肌と体毛に合わせて開発された純国産品の光脱毛器です。国産なのですぐにスタッフにメンテナンスを依頼しやすいと言う利点があります。シルキーライトIIと言う製品もあります。この製品は、ジェルを使用しなくても脱毛をする事が出来ます。ジェルを使用する事によって生じる手間やコストを軽減する事が出来ると言う点がメリットです。産毛のような色素の薄い体毛や髭の脱毛に特に効果を発揮すると言う特性があります。オプティマックスと言う光脱毛器は、フィルターを使用する事で、光を黒にのみ反応するようになっています。毛根を熱で破壊するのではなく、毛根に栄養が行かなくなるように変質させます。エピアスEX-Rは、電磁波が出ないと言う特徴があります。国産で人体に影響の少ない安全設計であると言う点がメリットです。

光脱毛は専用の機器によって行います

光脱毛とは、脱毛したい部分に光をあてることによって脱毛をする方法です。光といってもただの光では脱毛できません。光脱毛では、専用の機器を用いて特定の波長の光を照射するのです。毛は、毛根という部分から生えていますが、光脱毛はこの毛根を光によって破壊します。破壊された毛根からは毛が生えなくなったり、次に生えてきても細い毛であったりします。光脱毛に用いられる機器にもいくつか種類があります。毛に直接作用するものと、脱毛したい部分にジェルを塗って、そのジェルに反応するタイプのものがあります。他の機器を使用した脱毛方法に比べて痛みが少ないのが光脱毛の特徴の一つとなっています。また、ジェルに反応するものでは、毛の色に左右されずに脱毛が可能である特徴も備えています。一回の照射で比較的広範囲を脱毛できますが、毛の生える毛周期の関係もあり、完全に脱毛をするためには1、2カ月間隔で何回か光脱毛を行う必要があります。また、脱毛する部位や、広さなどによっても回数が変わります。具体的な回数を知るためには、まずカウンセリングなどの時に、その人の毛の質などをみないとわかりません。しかし、一般的に、どの部位も3回から5回前後はかかる事が多いようです。脱毛を行った後は、肌が少し熱を持っているためにクールダウンをします。その後、肌をトリートメントしてくれるサロンなども多くあります。光脱毛は肌に優しい脱毛法と言われますが、やはり脱毛後、当日には、熱いお風呂に入らない、しばらくは日焼けをしないなどの注意が必要です。

光脱毛における危険性について

光脱毛は、基本的には安全な脱毛方法です。しかし、施術を受ける側が気をつけておかなければ、思わぬ危険性が潜んでいるものです。特に家庭用の脱毛器による光脱毛は、自分で施術を行わなければなりませんので、取扱説明書に書かれている注意事項をよく読んで理解しておく必要があります。エステなどで光脱毛の施術を受ける際には、エステシャンの方は、その危険性についても熟知して施術をしますので、より安心です。
地黒の肌や或いは日焼けなどによって色黒になっている肌は、光脱毛でも危険性があります。同様に、ほくろや痣に対しても、光が反応して火傷の要因になることがあるのです。
何故このような危険性があるのかと言うと、それは光脱毛の原理によるものです。その原理とは、脱毛したい部分に強力なフラッシュ光を照射することによって、メラニン色素が多い毛根部に光のエネルギーが吸収され、毛根がそのエネルギーによって発熱することによって、毛母細胞を破壊し、二度と毛が生えてこないようにすることです。このメラニン色素は、地黒の肌や日焼けによる色黒となった肌にも沢山含まれていますし、ほくろ等にも含まれています。そのために、色が黒く見えるのです。そうすると、フラッシュ光は、肌の中にあるメラニン色素にも反応して熱を発生させますので、火傷の原因となる恐れがあるのです。
また、最近の機器では安全機構がしっかりしているのですが、フラッシュ光は大変強い光ですので、その光が目にに入ると目を傷める危険性もあります。

光脱毛の効果はどのくらい期間ででるのか

光脱毛をしてみようと思ってらっしゃる方はいらっしゃいますか。
ムダ毛の自己処理は時間も労力のかかるので本当に大変な作業ですよね。
今では脱毛専用のサロンも多く進出し、家庭用脱毛器もありますので、手軽に脱毛ができるようになりました。
その中でも大変普及しているのが光脱毛です。
光脱毛はIPL脱毛とも呼ばれ、光のエネルギーを用いて脱毛をします。
これは毛穴の中の毛根に光のダメージを与えますので、毛根が崩壊し毛が生える作用をなくしてしまいます。
これを毛の生える周期にそって当てていくことで、だんだんと全ての毛穴から毛が生えなくなっていくのです。
ではこの光脱毛による施術の効果はどのくらいの期間で実感することができるのでしょうか。
まずこの光脱毛をは毛周期の「休止期」「退行期」「成長期」の中の「退行期」「」成長期」のみにしか効果がありません。
ですから1度施術しただけでは少ししか効果があらわれないのです。
この毛周期は約2カ月でサイクルが変わると言われているので、2カ月に1回のペースで施術をします。
そしてそのペースで施術することによって早い方では半年、遅い方でも1ヶ月の期間が経過すれば効果を実感することができます。
施術後は約1週間~2週間ほどで、施術を受けた毛がスルスルと抜け落ちていきます。
これは無理やり引っ張らなくても少し触っただけで簡単に抜け落ちていきます。
ですからそのまま放置しておいても自然と抜け落ちますので、自分が気づかないうちにキレイになっていることが多いのです。

光脱毛で硬毛化が起こるのはなぜか

光脱毛で起こる副作用の一つに「硬毛化」という症状があります。これは、光脱毛を受けたあと、その部分の毛が硬くなる症状で、背中、顔、うなじ、胸、お腹などのやわらかい、薄い毛に多く見られます。わきの下の毛や、男性のすね毛のようにもともと太く、硬い毛がさらに硬化することはありません。
光脱毛を受けるとなぜ硬毛化が起きるのかということは、まだはっきりした原因はわかっていません。光脱毛はあまり温度の高くない熱を毛根に加えて、脱毛させる方法です。一時的には毛根がダメージを受けて毛が抜けますが、毛の再生組織に根本的なダメージを与えることはできず、むしろ適度な刺激を与えてしまい、再生組織が活性化するためではないかという説があります。
育毛では、頭皮をマッサージしたり、血行をうながす薬剤を塗布したりして、毛根を刺激します。つまり、光脱毛が毛根に与える熱の刺激が、脱毛よりも育毛の方に強く働いているのではないかと思われるのです。
レーザー脱毛でも硬毛化が見られるため、上記の説は少し疑問があるのですが、しかしレーザー脱毛も、決してムダ毛が再生されないほどの高熱を加えるわけではありませんし、時間が経ったり、ホルモンバランスが変化したりすると毛は再生されます。
毛根の組織はわたしたちが思っている以上に強く、死にづらいものですから、レーザーの熱で活性化されることもありうるように思われます。ニードル脱毛では硬毛化があまり聞かれないのも、上の説の裏づけになるかもしれません。

エステサロン別、光脱毛の価格

光脱毛には、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛、ILP脱毛と呼ばれる種類かあります。
一般的に家庭で出来るのがフラッシュ脱毛。
今は家庭用脱毛器の種類も多く価格もお手ごろになっているみたいでね。
確かに一度購入してしまえばずっと使えるし、家族も使えるからお得なのかも。
自分で脱毛するのが面倒くさい人はやはりサロンの光脱毛。
一年二年と長く通うようにはなるが、一か月~三か月に一度なので、そこまで負担ではないですね。
定番のワキ、足、腕はもちろん、今ではVライン、Iライン、Oライン、これらのデリケートゾーンがセットになったハイジニーナ脱毛も人気だとか。確かに、水着を着る季節は楽になるし、生理時の不快感も軽減されると言う声も。
自分でお手ごろ価格で脱毛するのもいいけど、やっぱりお肌のことを考えればプロにお願いしたいですよね。
無料カウンセリングを一度受けてみれば不安も疑問もすべて解決してくれますよ。
自分に合った、価格でプランを提案してくれるし。
そこで注意したいのが光脱毛は生理中、日焼け後は肌が敏感なので避けた方がいいみたいです。
日頃の保湿も大事で乾燥も光脱毛には良くないので、白く粉がふくまでの乾燥だと施術してもらえない事もあるとか。
今は男性でも脱毛してお肌ツルツルの方も多く見かけます。
あの毎日のヒゲそりも、女性のワキ同様煩わしそうですよね。
ヒゲだけでなく足や腕もツルツルの男性を見かけるのもそう遠くないでしょうね。

家庭で光脱毛を行う際の注意について

ご家庭で光脱毛をするか迷ってらっしゃる方はいらっしゃいますか。
脱毛サロンへ通うのが一番楽な方法ではありますが、忙しくで通うことができなかったり、自宅で空いた時間に手軽に処理したい、という方もいらっしゃることと思います。
そのような方へ家庭で光脱毛を行う際の注意についてご説明いたします。

まず光脱毛は読んで字のごとく「光」を用いて脱毛施術をします。
そのため脱毛機器を気になる箇所に当てる際にはかなりまぶしい光を発射します。
そのため直視していると眼を痛める危険性があるので、家庭で処理する際にはサングラスなどで必ず目を保護してから行うようにしましょう。
また、光脱毛はお肌が乾燥している状態で施術をしてしまうと、痛みを強く感じてしまうことがあります。ですから施術を始める前にしっかりと保湿してお肌を十分に潤した状態で始めるようにしましょう。
そして施術後は光を当てた後なので軽いやけどのような状態になっています。そのため冷たいタオルを当てるなど、しっかりとクールダウンケアを行ってください。このクールダウンが少々面倒くさいと思われる場合は、現在ではクールダウン機能のついた家庭用脱毛器も販売されていますので、そのようなものを使用すると良いでしょう。
そして注意したいのは、光脱毛を行った後は幹部が乾燥しやすい状態となっています。そのためクールダウン処理はもちろんのこと、しっかりと保湿をしてあげてください。
とにかく光脱毛の施術期間中はしっかりと保湿してあげることがポイントなのです。

光脱毛施術の間隔について

光脱毛をしようか迷っている方はいらっしゃいますか。
光脱毛は多くの脱毛専用サロン・家庭用脱毛器でも採用されていて、今や脱毛の中では一番メジャーな方式となりました。
この脱毛方式は文字通り「光」を用いて脱毛をします。光をムダ毛の気になる部分に当てることによって、毛根に直接刺激を与え毛根の破壊を促すのです。
直接毛穴の毛根や毛に作用しますので、お肌に痛みを感じることはありません。そのため肌の弱い方や痛みに弱い方でも施術することができるのが特徴です。
また光脱毛は照射口が大きい為、広い面積の場所でも短時間で施術をすることができます。以前の主流であった毛穴に針を刺して脱毛を行うニードル法に比べ、短時間で施術もでき、痛みが極端に軽減された技術なのです。
そのため多くのサロンなどで採用されているのです。

ではどのくらいの間隔で施術を行えばよいのでしょうか。
人の毛には毛周期というのがあります。毛周期と言うのは「成長期」「退行期」「休止期」の3段階を繰り返しています。
光脱毛の効果が作用するのは「成長期」と「退行期」の毛だけになりますので、1回照射しただけでは効果はありません。ですから何度も毛周期に合わせて施術をすることで、まんべなく生えている毛に作用することができるのです。
その毛周期に合わせて施術をするとなると大体2ヶ月に1回の間隔で施術をするのが良いと言われています。
脱毛期間のムダ毛の処理については毛抜きを使用すると毛周期がずれてしまうので、必ずカミソリで処理することを忘れないようにしましょう。

光脱毛後のお風呂はお休み

私は、学生の頃から光脱毛をしています。きっかけは、先に光脱毛を初めていた姉の効果を見てから。毛深いということが長年共通の悩みだった私たち姉妹。なのに姉の足や腕は、光脱毛サロンに通うほどにツルツルになっていきました。こんなに確かな効果が得られるならと、さっそく私も姉と同じ光脱毛サロンに行き申込みをしました。箇所は一番の悩みだった足。電話予約をした際に言われた通りに、前日の夜にお風呂で自分のT字カミソリを使ってムダ毛処理をしてお風呂上がりにはたっぷりと保湿をして行きました。実際に光を当てる際には、今でこそなくなりましたが、体全体がビクンとなってしまうほど痛かったことを覚えています。施術が終わったあとは、エステティシャンに簡単な今後の注意事項を聞きました。1週間以内にプールや海水浴に行かないこと。そして今日はお風呂で湯船には浸からずに、シャワーで済ませてくださいということでした。目に見た感じでは、特別赤くなっているわけでもなく、熱くなっているわけでもないのに、なぜだろうと思いましたが、説明を受けて納得しました。光を当てるということは体に熱を加えるということで肌はダメージを受ける、そこへさらに熱を加えるのは肌に悪いということでした。そして湯船のお湯の中にも目には見えなくても雑菌が多いため、ダメージを受けている肌には良くないということでした。確かに体がビクンとなるほど痛かった光脱毛。肌には悪いことなんてないということはありません。言われた通り、私は施術当日はお風呂で湯船に浸かることはありません。そのおかげか、何のトラブルもなく順調にツルツルの足に向かっています。